横向きに寝る人にオススメの枕【睡眠時無呼吸症候群を防ぐ】

コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

横向きに寝ることは自然なこと?

「眠ってるときに、息が止まっていた」と言われたことはありませんか?

「睡眠時無呼吸症候群」をご存知でしょうか?
睡眠時の「いびき」だけにはとどまらず、睡眠中に呼吸が一定時間止まってしまうことをいいます。

睡眠時無呼吸症候群(Sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる疾患である。
もっとも一般的な特徴は、大きないびきである。
閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)、中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)、これら2つの混合性睡眠時無呼吸症候群、この3つに分類される。OSAが最も一般的である。
OSAのリスクファクターには、肥満、家族の病歴、アレルギー、咽頭扁桃肥大(アデノイド)などがある。

実は!横向きに寝ている人は「睡眠時無呼吸症候群」になりにくいと言われることもあるのです。

その根拠は、横向きで寝ることで、気道が確保され呼吸がしやすくなることにあります。

逆に仰向けで寝た場合、気道が狭くなることで、いびきがしやすくなってしまいます。

人は、眠っている間に呼吸を4000回ほどしています。
そこで仰向けになり、気道が狭くなった状態を想像してみてください。
まるでストローで風船(肺)を膨らませているようなもの
これでは、十分な酸素は脳に運ばられることはなく、身体も脳も疲れが取れることはありません。

また、寝相がいいことは健康面では褒められません。睡眠中の寝返りには体の歪みを治す効果があり、まったく寝返りをしないと腰や背中などが一晩中、体重の重みで圧迫されます。
同じ体勢で眠ったままだと、血流が悪くなり腰痛や肩こりが発生します。

そこで、【横向き寝専用枕】いびき、睡眠時無呼吸症候群、ストレートネックの方にオススメな枕。いびきの軽減や疲れを取れやすくする寝相として横向き寝が注目されています。

YOKONE3

今回紹介する【YOKONE3】 は、TBSのニュースや番組でも紹介された 横向き寝専用の枕「YOKONE3」は、横向きに寝る人にピッタリの枕です!☟


YOKONE2 cast
YOKONE3(ヨコネ3) -横向き寝にフィットする枕-

「YOKONE3」の特徴①

高さ調整板で4段階の高さが選べ男性・女性どちらでも使用可能です。頭の重みを効率良く分散させるリラックスウレタン素材。首をストレッチするマッサージ機能でストレートネック予防!

「YOKONE3」の特徴②

老若男女問わず低反発素材で体にフィットした形状に柔軟に変化します。一般の枕と比べて横向き時の重心はまっすぐです。寝返りを打った際の仰向けやうつ伏せにも対応。

「YOKONE3」の特徴③

安心の日本メーカー。

睡眠改善インストラクターが多数所属する快眠グッズの製造販売会社ムーンムーン。YOKONEシリーズは多くのメディアで紹介されています。お客様の声を反映し改良を加えシリーズ3となっています。

横向きに寝る人はラッキー?睡眠の質も実は高い。

横向きになる人は、日本人は意外と多いと言われています。

この記事を書いている筆者も、横向きで寝ているうちの一人です。

横向きでスマホで動画を見てたらいつの間にかに寝てしまっています。

そんな「横向きに寝ている人」は、せっかくなので「YOKONE3」で睡眠の質も向上させてしまいませんか?

詳しくは「YOKONE3」の公式HPでチェックしてみてください!口コミなども掲載されています!☟

「YOKONE3」で最高の睡眠生活を体験しましょう!

End.

横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」
心と身体を最高のコンディションに【自分改革】
心と身体を最高のコンディションにすることで、人生を豊かにしませんか?本記事では、「短時間睡眠」を良しとする日本社会に異を唱え、しっかりと睡眠をとることがどれだけ重要かを解説していきます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました