寝るだけじゃ「睡眠美容」になりません!【睡眠の質を上げる方法】

コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

たくさん寝れば美容効果があると思っている方はいませんか?

また、「眠ることが美容にいい」とあらゆる雑誌などで特集がある中
ただ眠るだけでいい!と思っている人達がどれぐらいいらっしゃるでしょうか?

眠っている間に、美容に効果のあるホルモンがしっかり分泌されなければ
その睡眠も無駄になってしまいます。

成長ホルモンが分泌されなければ、美容効果を得ることができません。

本記事では、睡眠の質を上げる方法について説明していきます!



成長ホルモンが美容の鍵を握る

成長ホルモンが分泌されなければ、美容効果を得ることができません。

お肌のゴールデンタイムが、深夜0時から2時と一昔前に言われていましたが
実際には、成長ホルモンが分泌される、眠りはじめの3時間だということがわかりました。
もちろん、眠りが浅くては分泌はされません。

質の悪い睡眠は、成長ホルモンが分泌されず、お肌が再生できずに古い角質が残ったままの状態になってしまうため、老化がどんどん加速してしまうのです。

質の良い睡眠を得るためには、就寝前のちょっとしたことで大きく左右されてしまいます。

就寝前のちょっとしたポイントをチェックしてみましょう!

睡眠の質をあげる5つのポイント

①起床後、太陽の光を浴びる。

光を浴び、セロトニンが分泌され、光を浴びてから14時間から16時間後に、セロトニンが眠りのホルモンであるメラトニンに変わり、自然な眠りを促します。

②寝る8時間前からカフェインは飲まない。

眠りの成分「メラトニン」はカフェインにとても弱いのです。
また、カフェインは最大8時間は体に残る人もいます。
コーヒーや紅茶など、カフェインが入った飲み物は、午前中に飲むことを意識して、午後からはデカフェ・ノンカフェインの飲み物に変えるだけで睡眠の質がグッと上がるはずです。

③運動は夕方が良い。

人が眠くなる理由は、2つあります。
1つは「生体リズム」によるもの。そしてもう1つは「疲れたから眠る」ということ。つまり、ぐっすり眠るためには、適度な疲労感が必要です。
運動はそんなに激しいものでなく、軽いジョギングやお散歩でも十分です。

④夕食は就寝の3時間前までにすませる。

食事をすることが体内時計に大きくかかわっているため、遅い時間に食事を摂ることは、体内時計が後退するのはもちろん、睡眠中にも内蔵は働いてしまうことになるため、20時までには済ませたいですね。

⑤夜は暖色系の照明にする。

ブルーライトの刺激を受けることで、脳が「朝だ」と判断してしまい、眠りの成分であるメラトニンが抑制され、眠気を覚ましてしまいます。
白色系の照明ではなく、暖かい色の照明にすることで、副交感神経が優位になり自然な眠気を誘います。



暖色も白色もあるオススメのアイテム

起床後に太陽の光を浴びることは、天気に左右さることもあり、なかなか継続することは難しいと言えます。

そこで是非使用してほしいのが「インティフォー」です☟

【公式HP】⇒インティフォー

🔽inti4🔽

inti4 であれば、起床時に2,500ルクス(野球のナイター程度)以上の明るい照度で、目覚めを良くしてくれます

また、暖色系の光もあるので、暖色の間接照明を用意することは不要です。

光量を調節することが可能なので、暖色系を選び、光量を低めにして使用すると、入眠準備の照明に最適ではないでしょうか?
好きな香りのアロマでリラックスタイム・・・
入眠前に、幸せな気持ちになることは、快眠には欠かせません。

inti4の照度は、部屋に差し込む朝日とほぼ同じ、最大2万ルクスありながら、暖色系の優しい光をはなちます。

朝起きるときにしっかりと光を浴び、寝る前には暖色系の光でリラックスすることで、快適な目覚めと深い眠りの好循環が生まれるんです。

1台で二役のinti4は願ったり叶ったりの光目覚まし時計です(^^)/

End.

【関連記事☟】

心と身体を最高のコンディションに【自分改革】
心と身体を最高のコンディションにすることで、人生を豊かにしませんか?本記事では、「短時間睡眠」を良しとする日本社会に異を唱え、しっかりと睡眠をとることがどれだけ重要かを解説していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました