一流企業に入社して2年、自分で何かやらないとヤバいと思った理由。

コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

突然のこんなタイトルの記事で「どうしたん?会社つらいの?」と思った方もいるかと思います。

正直、そんなこと全くありません。

今している仕事は超楽しくて、自分に向いていると思います。

営業統括や新規開拓・販売網拡充といった任務を担っており、毎日基本的に楽しく仕事をしています。

今の職場の雰囲気も明るく風通しの良い社風です。

、タイトルの通り、「自分で何かやらないとヤベーな」と現段階ではかなり感じてきています。

このように思った結論を先に言ってしまいます。

❎① サラリーマンは我慢できる人が向いてる。

❎② 年収1,000万円以上は正直余裕で稼げることになるけど、それ以上があまり望めない。いけて2,500万円くらい。

❎③ 昨今の情勢は「個人」の力が強くなってきている。

上記の理由を、詳しく説明していきます。



サラリーマンは我慢できる人が向いてる

見出しに書いた通り、僕は「サラリーマンは我慢できる人が向いてる」と思います。

僕の場合、今の部署では、数字や指標を増やす前提で、自分の考えた戦略ややりたいことを自由にやれる環境があります。

が、サラリーマンたるもの環境は「異動」の一声で簡単に部署が変わります。

 

【我慢しなきゃいけないこと】

🔽①異動に伴って起きる可能性

⇨好きな場所で働けない。(日本全国どこにでも飛ばされる可能性アリ)

⇨嫌な上司にあたったとき最悪。

⇨仕事内容によっては自分の長所が全く活かせずバカストレス。

🔽②上の命令には逆らえない

※サラリーマンの使命とも言えるでしょう

⇨意見できる環境であれば全然いいが、全部の部署がそんなはずないので(あったら最強優良企業)、思っていないこと・やりたくないこともやらないといけない。

⇨歯向かったら、最低評価つけられて給料も下がり出世もできない。

 

などと、これはもう配属された部署と上司によってほぼ決まってしまいます。

僕みたいに、自由きままで理論の通っていないことをやりたくないような人間は、自分でもサラリーマン向いてないなーと思います。笑

が、今の部署では上司が僕の使い方をわかっているので、「自由を与えられる」ことによって僕は最大限のパフォーマンスを発揮できています。数字ももちろん出せています。

しかしながら、これがガチガチにルールやマニュアルに定められたやり方とか、自分に合わない仕事を長年やらなくちゃいけないとなると、多分すぐ辞めたくなるでしょう。

一応、体育会出身なので、与えられた環境で花咲く努力はもちろんします。

もしかしたら、嫌な環境でも花咲くかもしれませんし。

ただ、ある程度の忍耐も必要でしょう。

年収1億はムリ

一流の大企業の社員となると30代で年収1,000万円は超えますが、所得税の税率も高いので、1000万円を超えると手取りがあんまり増える感覚がありません。

正直、手取り1,000万円だと子供が2人生まれる前提だと手元にほとんどお金が残りません。

授業料やら部活にかかる費用(会費や遠征費やコーチ代)やら塾の授業代やら大学の入学費など、かかるお金もたくさんあります。

また、家を購入する方であれば、そのお金もかかる人はかかります。

と、それらを考慮すると、1,000万円は決して裕福ではないと思います。

自分で好きに使えるお金を増やしたり、もっと自由に生きたいと思っている方、成功したいと考えてる人には物足りないかもしれません。

年収1億以上稼いでる人の職業は、社長・投資家・スポーツ選手・アーティスト・YouTuberなどでしょう。

サラリーマンには限界があります。

「個人」の時代が強くなってきている

✅①ITの発達

✅②終身雇用制度の限界

ITの発達

ITの発達により、誰でも簡単にインターネット上で発信ができるようになり、昔とは比べものにならないほど「個人」の力が強くなってきています。

例えば、YouTuberが最高の例です。

ヒカキンさんやはじめしゃちょー、レペゼン地球、ヒカルさんなどなど、

個人や小さな集団の力でも世間に大きな影響を与える時代となりました。

レペゼン地球がTwitterやYouTubeで動画をアップすれば、何百万万回と再生され、

有名人が何か注目されるツイートすれば、朝のニュースにもなる時代です。

それぐらいの影響力を個人が持っていれば、Googleアドセンスからの広告収入やアフィリエイトで億を超える収入を稼ぐことができます。

終身雇用制度の限界

年金問題も注目されていますが、それと同様に終身雇用制度も限界にきています。バブルの時代はとうの昔に終わりました。

例えば、最近、超大手企業の「日産自動車」が大規模のリストラを検討していると報道がありました。

企業の業績によって、雇う人が増えたり減ったりすることは、よく考えれば当然のことです。

業績が良く、もっと業績を上げる為には人手が必要になりますし、

業績が悪くなれば、給料を払うことができなくなるので、人は減らさなければならなくなります。

リストラとまではいかなくても、関連会社への出向などという形で大人数分コストカットしている企業もあります。

つまり、サラリーマンは会社の業績によって自分の人生も左右される可能性があるという、安定とは真逆の、ある意味「リスク」も抱えています。

最後に

と、以上が僕が「自分で何かしないと将来ヤバい」と思っている理由です。

もちろん、我慢もして、年収もそこそこで、飢えず普通に暮らせていることが「幸せ」と考えることもできるでしょう。

だけど、僕はそれが嫌です。

飯を食えなくなるのも嫌だけど、

我慢とかストレスも嫌だ。

と、なんとも贅沢なことを言ってる現段階ではただの馬鹿野郎です。苦笑

自分で何かをやる一歩として、このブログを開始しました。

「旅行や自分の経験で誰かの役に立てたり、記事を読んで楽しんでもらえれば」

と思って記事を書いているので、

始めてみて2ヶ月経ちましたが、ストレスは全くないですし、楽しいですね!

この先ブログではなくても何かで成功してやろうと虎視眈々と狙っているので、引き続きこのブログを読んでいただけるだけでも幸いです。

END.

【ブログを始めるなら】

🔽ブログ・サイトの作り方はこの記事を読めばすぐに分かります🔽

超簡単!誰でも分かる1から始める「サイト・ブログの作成方法」【最新版】
サイトを立ち上げてたった2週間で収益化に成功した私が、超分かりやすくブログの作成方法をご紹介します。サイトやブログは「金融資産」です。あなたの好きなこと・得意な分野で新しい価値を世の中に提供し、誰かの悩みを解決したり、新しい発見を提供できます。この記事では、ブログの作り方を超シンプルに説明します。

🔽筆者関連記事🔽

僕は「挫折の天才」。
僕の人生を一言で表すとそれは、「挫折まみれ」です。今の僕の「能天気な性格」も、失敗経験が積み重なって形成されました。挫折や失敗は、それ以上に大きな何かを与えてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました