【4Gから5Gへの進化で何がどう変わる?5G革命】

コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに 「5Gとは?」

ここ最近、新聞やニュースでよく「5G」というワードを耳にしませんか?

5Gとは、「第5世代移動通信システム」のことで、2020年代の情報社会では、この「5G」によって移動通信のトラフィック量は2010年と比較して、1000倍以上に増大すると言われています。

さらに、10Gbpsを超えるような超高速通信やさらなる低遅延化、IoT/IoEの普及等に伴う多数の端末との接続への対応が可能になります。

簡単に言うと、
通信速度が速くなって、
低遅延がなくなって(クルクルしなくなって)
多数の端末に接続可能となる!(自動運転の車など)

ということですね!

実は今、この5Gがビジネス界で大きな注目を非常に集めていて、5G関連企業の株価の変動も激しくなってきています。

米国と中国でITの覇権争いもまさに現在起こっており、ますます注目を集めています。

今日は、そんな「5G」と、いま私たちが利用している3Gや4Gから、5Gに変わると何が変わっていくのかをお話しします。



3Gから4Gになって何が変わったの?

3Gや4Gとは、通信規格や通信機能を意味します。

3Gとは携帯電話における通信規格を意味し、第三世代を表す「3rd Generation」の略称として使われています。

そして4Gとは複数の通信システムを総称した言葉で、第四世代を表す「4th Generation」の略称でもあり、LTEなどがそれにあたります。

難しい専門用語は置いといて!3Gから4Gになって何が一番大きく変わったかというと、

動画のストリーミング再生が可能となったこと!

でしょう!

私が中学生の時や高校生の始めの方は、まず、動画を携帯の中にダウンロードして、
そのあとに保存した動画を見るのが普通でした。

しかしながら、4G(LTE)の発達で通信速度が圧倒的に進化したため、動画のストリーミング再生が可能となり、その分野の会社の業績が大幅に伸びました。

具体的には、私のスマホの中にもある、このような動画視聴サービスですね!

改めて見ても、めっちゃ使ってますね(笑)

今では当たり前のように再生ボタンを押すだけで簡単に再生できますが、それらは4Gへ進化したことが背景にあるのです。

🔽FODプレミアムで過去の名作を見る🔽

本題の4Gから5Gへの進化でどうなるのか?

先に結論から言ってしまいます!

① VRのさらなる発達
② ゲームの進化
③ 自動運転の車の発達(IoTのさらなる発達

です。詳しく見ていきましょう。

① VRの発展

VRとは、人間の感覚器官に働きかけ、現実ではないが実質的に現実のように感じられる環境を人工的に作り出す技術です。

現在、ゲームや動画視聴で活躍しているVRですが、「5G」によってさらなる発展を遂げると言われています。

例えば、スポーツの分野にまず大きく進出すでしょう。

現在、私はサッカーの試合などを画面で見ることが主ですが、
VR観戦が可能となり、「まるでスタジアムの中にいるような感覚で」「選手目線」などで、より感覚的にリアルな体験を味わうことが可能となります。

空間インターフェースといった技術とAR、VR技術を組み合わさり、それらが5Gによって体現されることで、スポーツの観戦体験を拡張されます。

② ゲームの進化

そして、ゲーム業界にも革命が起きます。

2019年に米Googleが新ゲームサービス「Stadia」を発表しましたが、これなんかはまさに5G進化によって実現されると言われています。

ちょっと難しいかもしれませんが、ゲームにありがちな負荷の高い処理を大きなクラウド(サーバー群)に任せて、そのプレイ画面を動画のように自分の端末にストリームさせながらゲームをプレイすることで、ハードウェア面での問題の多くをサーバー側(Google)が解決できるということです。

Googleが発表した「Stadia」の圧倒的な強みは、

200カ国以上に7500以上のクラウドのエッジを走らせているので、世界中の多くの人々に低遅延で高クオリティーのゲーミング体験を提供することが可能。これは、ゲーム開発者にとってそれだけ潜在的プレイヤーが多いということ。

それはつまり、「市場の範囲が莫大」ということなので、「ビジネスマーケットの成長性が半端ない!」ということです!

③ 自動運転の発展(IoTのさらなる発展)

5Gになると、一度に接続できるデバイスの数が、4Gの10倍で100万デバイス/k㎡になるので、スマホだけではなく、私たちの身の回りのあらゆるものが、ネットに接続できるようになります。

今でもIOT家電と言われる商品がどんどん出てきてすでに発展してきていますが、この発達がより加速します。

今までネットに繋がっていなかったあらゆるものがネットに繋がり、遠隔で操作できたり、情報が送られてきたりするようになります。

特に注目されているのが、やはり「自動運転」の領域でしょう。

自動運転は、搭載される技術によって0〜5までのレベルに分けられており、現在国内では「レベル2」までが市販車に採用され、実用化が進んでいます。

「レベル2」までは、主に運転をサポートする技術であり、万一事故を起こした際の責任はドライバー側にあります

一方「レベル3」以上は基本的にドライバーが操作を行う必要がないため、事故の責任はシステム(クルマ)側になると言われています。

これが「5G」による情報通信の速度・容量・ネットワークの進化によって、
今以上の開発を実現し、「レベル3以上」のハイレベルかつ開発速度が重要となる戦いになってきています

現在、自動車メーカーとIT大企業が様々な組み合わせで共同研究、提携していますが、果たしてどこが最もレベルの高い「自動運転車」を実現するのでしょうか? 私も大変楽しみです!

最後に

いかがでしたでしたしょうか?

今、世界は大きく変化を遂げている最中です。

凄まじい速度で「世界」「技術」「生活」「ものごと」が変化しています。

10年前はまだ、スマホも普及しきっていませんでした。

「LINE」も今や私たちの生活に欠かせない存在となっていますが、リリースされたのは2011年6月。たった8年でこんなにも浸透しているのです!

技術や世界の発展に置いて行かれるのではなく、柔軟に対応し、自分たちを変化させ続けていくことが大切なのではないでしょうか?

企業にも変わりゆく世の中に柔軟に対応し、世の中に真に必要とされる価値・サービスを提供していくことが求められています。

End.

🔽このサイトも『ワードプレス』で簡単に作りました!🔽

🔽サイト設立検討中の方はチェック必須!🔽

🔽サイト・ブログの作り方は下の記事を読めば簡単に分かります🔽

超簡単!誰でも分かる1から始める「サイト・ブログの作成方法」【最新版】
サイトを立ち上げてたった2週間で収益化に成功した私が、超分かりやすくブログの作成方法をご紹介します。サイトやブログは「金融資産」です。あなたの好きなこと・得意な分野で新しい価値を世の中に提供し、誰かの悩みを解決したり、新しい発見を提供できます。この記事では、ブログの作り方を超シンプルに説明します。

 

【関連記事☟】

一流企業に入社して2年、自分で何かやらないとヤバいと思った理由。
一流企業に入社でき、仕事も超楽しく風通しも良いです。しかしながら、それでも危機感を感じています。サラリーマンは我慢の職業だと思います。本記事では、自分で何か起こしていかないとヤバいなと感じている理由についてお話します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました